バイクと!

baiku and !

ポエム
記事検索
月別アーカイブ

バイクライフ

(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1:774RR2011/04/13(水) 13:10:09.50 ID:wHMze1dU
お前が1年我慢している間に、俺たちは慣らしを終える。
お前が2年我慢している間に、俺たちは日本を1周している。
お前が3年我慢している間に、俺たちは無数の出会いと別れを繰り返している。
お前が4年我慢している間に、俺たちは気付くだろう『バイクとはなんぞや?』
お前が5年我慢している間に、俺たちは愛車に無数の傷が付き一心同体となっている。
お前が6年我慢している間に、俺はローンを終えている。

イヤッッホォォォオオゥオウ!


2:774RR2011/04/13(水) 13:11:03.34 ID:wHMze1dU
イヤッッホォォォオオォオウ!のしくみ

                          イヤッッホォォォオオォオウ!
   気になる    ヽ 丶  \        
   展示車  \ ヽ  ヽ     ヽ         ↑     ↑
/  /    ヽ    \ ヽ   ヽ           
 /   |  ヽ \     \  ヽ  ゝ        (やっぱり60・・・)
ノ 丿       \  試  \   ヾ
 ノ  |   |  丶  \     \         ( 48・・・)
   /          \   乗  \/|              ( Headless )
 ノ   |   |      \        |         ↑
     /\        \      |         (  ↑
   /   \       /      |          )  (
  /      \      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         (   )
/_        \                    ) (       スレ住人の後押し
 ̄  |   デ   | ̄         ノ⌒ ̄⌒γ⌒ ̄⌒ゝ            / /  
   |   ィ    |         ノ  溢れ出す購入欲 ゝ          / /
   |   |    |       丿               ゞ      _/ ∠
   |   ラ   |       丿/|/|/|/|\|\|\|\|\ゝ     .\  /
   |   |    |               │                V
――|   に   |――――――――――┼―――――――――――――――――
   /   用   ヽ.  巛巛巛巛巛巛巛巛 人巛巛巛巛巛巛巛巛巛巛
      事               先日ローン完済

続 き を 読 む

(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加
2:774RR2010/11/28(日) 16:39:43 ID:WfdoZ1CN
自己満だが
ツーリングから帰って無事に帰ってこれた時

4:774RR2010/11/28(日) 23:25:21 ID:VT/clGcd
乗ろうとしたら猫がシート上で昼寝してた時だな

7:774RR2010/11/29(月) 02:01:06 ID:T4OJVa4v
ヤエーが返ってきたとき

続 き を 読 む

(1)
このエントリーをはてなブックマークに追加
568:774RR2011/04/15(金) 10:24:40.47 ID:BIBm45Yt
ちょっと思ったんだけど
せっかくあれだけ熱量を発するエンジンを動かしてるんだから
乗ってる間にエンジンの熱でお湯を沸かして保温しておき
それでラーメンを作るなんてできないのかな?

569:774RR2011/04/15(金) 11:41:27.94 ID:K0aQAC3O
ホットドリンクを自販機で買ったときはサイドカウルの隙間に挟んで保温してるw

570:774RR2011/04/15(金) 13:23:35.00 ID:CKGlsZP5
中途半端なシステムで熱を取り出そうとすると
用途に応じた適温に保つのが難しいよ。
カップラを用途とした場合やはり最低でも90度は欲しい。

それ以下でガッカリぐらいならガッカリで済むが
下手に密閉容器で100度を超えて蒸気圧で容器の蓋が
吹っ飛ぶものならボイラー爆発事故発生だし、
だからといって大気開放状態で走ってりゃすぐ空焚きになるし。

水冷の冷却循環システムのラジエター弁くらいの機能がないと
90度以上は怖いよ。

缶コーヒーの温め程度は50~60度で十分だから難しいことないが
余熱程度のことでエキパイ周りに細工する気もなれんし。

続 き を 読 む

↑このページのトップヘ