バイクと!

baiku and !

ポエム
記事検索
月別アーカイブ

ニュース

(27)
このエントリーをはてなブックマークに追加
20191107-00010001-mbsnews-000-4-view

1: ジャストフェイスロック(東京都) [ニダ] 2019/11/07(木) 22:54:50.54 ID:6C2qUFuL0 BE:468394346-PLT(15000)
三重県と奈良県の山間部を貫く国道25号「名阪国道」(73.3km)は、両端で東名阪道、西名阪道に
接続し、名阪間の大動脈を構成しています。しかし、東名阪道と西名阪道はNEXCOの
管理で通行が有料なのに対し、中間の名阪国道は半世紀前の開通時から無料です。

 このことで奈良県が「様々な問題を抱えている」として、名阪国道へ部分的に通行料金を
設定する施策の実施や、危険箇所を回避する別線の整備など、名阪国道のあり方に
ついて「抜本的見直し」を国へ要望しています。

 問題のひとつは、名阪国道経由が「名阪間最安ルート」であるがゆえ、
大型車の通行が多いことです。大型車で名古屋近郊から大阪近郊へ向かう場合、
ルートにより次のような料金差が存在します。

・名神高速経由:6950円(一宮IC~吹田IC)
・新名神高速経由:7840円(飛島IC~第二京阪門真IC)
・名阪国道経由:3540円(飛島IC~松原IC)
※通常料金。区間は国土交通省の資料に基づく

https://trafficnews.jp/post/91027

続 き を 読 む

(17)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1: どどん ★ 2019/11/08(金) 02:14:41.57 ID:pAOt4Yqp9
 ほかの車の走行を著しく妨害する「あおり運転」について、警察庁は免許取り消しの対象にする方針を固めた。あおり運転そのものを摘発する規定の新設や罰則強化のために
道路交通法を改正する考えだが、行政処分も厳しくする。ドライバーに危機感を持ってもらうことで、危険な運転を抑止するのが狙いだ。

 警察はあおり運転の摘発を強化しているが、危険な行為は後を絶たない。8月には茨城県の常磐自動車道で、乗用車を運転していた男が、前の車の前方に割り込んで停車を余儀なくさせ、
運転手を殴ったなどとして逮捕された。9月には、愛知県の東名高速で車が後続のワゴン車にあおられ、エアガンで撃たれる事件も起きている。

 警察庁はあおり運転にあたる行為を新たに道交法で定めて厳しい罰則を設ける方針で、来年の通常国会への法案提出を目指して検討を進めている。さらに行政処分については、
酒酔い運転や過労運転などと同じように、あおり運転と認定されれば免許取り消しにする方針だ。

 警察は現在、道交法の車間距離保持義務違反であおり運転を摘発することが多い。違反点数は高速道路上が2点、一般道が1点で、ほかの違反がなければ免許取り消しにはならない。

朝日新聞社
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000082-asahi-soci

続 き を 読 む

(12)
このエントリーをはてなブックマークに追加
イタリアの高級二輪車メーカーBIMOTAの再生支援のために新たな二輪車メーカーを共同設立

2019年11月06日

川崎重工グループのKawasaki Motors Europe N.V.(以下KME社)は、2019年4月16日イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州リミニ県にBIMOTA(ビモータ)ブランドの最高級モーターサイクルを製造販売するための Italian Motorcycle Investment S.P.A.(以下IMI社)を設立しました。Bimota S.A.から出資を受け、今後Bimota S.P.A.となる予定です。

BIMOTAは、1972年に第一号車を世に出して以来、その独創性とこだわりの二輪車作りで世界中のファンから支持されている、歴史あるイタリア高級二輪車ブランドです。

IMI社は、TESI(テージ)の生みの親であり、かつての栄光を築いたメンバーの一人であるPierluigi Marconi(ピエルイジ マルコーニ)氏が中心となって、同ブランドの製品開発から製造、販売まで行う会社であり 同ブランドの再生と事業拡大を行うことで世界中のBIMOTAファンに応えます。
KME社を含む川崎重工グループは、エンジンなど主要コンポーネンツの供給などを通じて同ブランドの再生をサポートしていきます。
川崎重工グループは、IMI社を通じてBIMOTAブランドの再生を支援できることを光栄に思います。
2019EICMAショーではMarconi氏とKawasakiのコラボレーションとなる新しいBIMOTAモーターサイクルを参考出品します。同モデルはBIMOTAの代表的なモーターサイクルであるTESIのテクノロジーとKawasakiの代表的な超高性能モーターサイクルであるNinja H2の革新的なテクノロジーが融合した今までにない全く新しいコンセプトモデルです。

IMI社は、BIMOTAブランドのモーターサイクルを2020年中に200台販売する事を計画しています。
news_191106-2
BIMOTAとKawasakiのコンセプトマシン
※詳細はリンク先で
http://www.khi.co.jp/pressrelease/detail/20191106_2.html

続 き を 読 む

(27)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Rebel 500

クールなスタイリングといつでも気軽に楽しめるクルーザーモデルとして大きな支持を得ているRebel(レブル)がさらに進化しました。灯火器はスタイリングを引き立てる新デザインLEDを採用。アシストスリッパークラッチにより渋滞時やロングツーリングでの快適性を向上させました。モデルコンセプト「ブラックアウトスタイル」を実現する工場装着の純正用品装着タイプ「S Edition」も設定。より街中に溶け込むスタイリングを提案します。
Rebel 500
Rebel 500
Rebel 500 (S Edition)
Rebel 500 (S Edition)
https://www.honda.co.jp/news/2019/2191105a.html

続 き を 読 む

(20)
このエントリーをはてなブックマークに追加

690: 774RR (ワッチョイ 9ed3-jEuW) 2019/11/05(火) 04:15:03.49 ID:WBjARCpU0

CBR1000RR-R FIREBLADE/CBR1000RR-R FIREBLADE SP

Hondaスーパースポーツのトップエンドモデルがフルモデルチェンジ。MotoGPワークスマシンのRC213Vで培われた技術を取り込み、サーキットでも高いポテンシャルを発揮するモデルとなりました。
エンジンは、水冷直列4気筒エンジンを新設計し160kW/14,500rpmの最高出力を達成。チタンコンロッドやアルミ鍛造ピストン等の部品を採用しながら軽量化と高回転化を達成しました。メインフレームはアルミ製ダイヤモンドフレームを採用し高い出力を受け止める剛性と軽量化を両立。同時に、より安定感を得られる車両設計と優れた空力特性を追求しました。足回りは、対向4ポッドラジアルマウントタイプをフロントブレーキに採用。新設計のリアホイールにより軽量化を図りました。SPタイプは、フロントキャリパーにBrembo(ブレンボ)社製を採用。Öhlins(オーリンズ)製の電子制御式フロントフォーク、リアサスペンションとともに、路面追従性と高いコントロール性を追求しました。
1572845820777
CBR1000RR-R FIREBLADE SP

1572845821131
CBR1000RR-R FIREBLADE

続 き を 読 む

↑このページのトップヘ