バイクと!

baiku and !
記事検索
月別アーカイブ

ニュース

ヨシムラ、スーパーカブC125用のフルエキゾーストマフラーを発売
  ニュース

1: シャチ ★ 2018/12/12(水) 20:00:00.03 ID:CAP_USER9
ヨシムラからスーパーカブC125用のフルエキゾーストマフラー【GP-MAGNUMサイクロン】が登場した。

GP-MAGNUMサイクロンは、モダンと伝統が融合したスーパーカブC125に、ヨシムラのチューニングで公道規制に対応させつつ走る楽しさを付加したスポーツマフラー。黒金のヨシムラエンブレムをあしらった伝統的な円柱形状のサイレンサーは、様々なオートバイのスタイリングに馴染む普遍的なデザインを誇っている。

その一方で、サテンフィニッシュという新たなカバータイプの追加や、サイレンサーの取り付けをバンドからヨシムラロゴをあしらったブラケットに変更するなど、常に新しい変化を取り入れ、進歩させている。

直線的なエキパイの先に、やや上向きでサイレンサーを装着するレイアウトは、ヨシムラのフォーミュラに沿ったマフラー設計で、全域でスタンダードの出力特性を上回る性能を実現。特に低回転域と高回転域では大きくパワーを増加させ、発進時や、高速巡航時のパワーフィールが大きく向上する。

スタンダードマフラーの重量3.9kgに対して、GP-MAGNUMサイクロンは2.7kg(※SC:カーボンカバータイプで比較)と約30%の軽量化が施され、軽快な走りを提供する。なお、センタースタンドやタンデムステップはそのまま使用することが可能で、スーパーカブC125ならではの利便性は犠牲にしないのも魅力だ。

ウェビックニュース
https://news.webike.net/2018/12/10/146841/

no title
no title

ヤマハ「採算取れないので4輪自動車市場に参入するの止めます」
  ニュース

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [JP] 2018/12/11(火) 18:24:35.20 ID:2Dw/bqKT0 BE:844481327-PLT(12345)
ヤマハ発動機は11日、乗用車市場への参入を凍結することを明らかにした。2013年に四輪事業への参入を表明し、開発を続けてきたが採算がとれないと判断した。
既に開発チームは解散した。今後は既に手がけるゴルフカートをベースとした自動運転車などに注力する。

同日、都内で開いた新たな中期計画の発表会で日高祥博社長が明らかにした。
四輪車への参入は13年に表明し、20年には欧州で発売する予定だったが、開発の遅れから17年12月には21年以降に見送っていた。

新中期計画では連結売上高で2兆円、営業利益では1800億円を目指す。主力の二輪事業ではインドを伸ばす一方で、国内では生産水準を2割落とすなど構造改革に乗り出す。
また、10年間で累計1億ドルを投じるベンチャーファンドを設けるなど新事業も育てる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38795210R11C18A2TJ2000
no title

北海道横断道自動車道、余市まで開通…札幌から55分に
  ニュース

yoiti

1: ガーディス ★ 2018/12/10(月) 03:01:54.55 ID:CAP_USER9
2018年12月9日 23時08分
 北海道横断自動車道の小樽ジャンクション(JCT)―余市インターチェンジ(IC)間の23・3キロが8日、開通した。

 東日本高速道路北海道支社によると、片側1車線で、札幌市中心部から余市町までの所要時間は、従来より19分短縮され55分になる。余市ICから倶知安IC(仮称)までの39・1キロは、2030年度の完成を目指し、国の直轄事業で建設が進められている。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181209-OYT1T50092.html

トライアンフから新型「SPEED TWIN」2019年モデル発表
  ニュース


ゴミ、路駐、芝生での直火に柵破壊も... 「聖地」一時閉鎖に追い込んだ迷惑キャンプ客の行状
  ニュース

1: ガーディス ★ 2018/12/05(水) 11:49:52.68 ID:CAP_USER9
兵庫県川辺郡にある屋外施設「大野(おおや)アルプスランド」のキャンプ場が、利用客の迷惑行為が相次いでいるとして一時閉鎖が決まった。

運営する猪名川町の担当者は「(再三の注意でも)改善が見込めませんでした」と声を落とす。

ごみが散乱する写真も
大野アルプスランドは標高753メートルの大野山の山頂付近にあり、天文台やキャンプ場、ハイキングコースが揃う。大自然に包まれたキャンプ場は予約不要で無料で利用でき、キャンプ愛好家にはよく知られた場所だ。

しかし、猪名川町の公式サイトで2018年11月29日、キャンプ場を来年1月1日から当面の間、閉鎖すると発表された。

一部の利用客によるごみの放置や路上駐車、芝生での直火、電柵の破壊などが後を絶たず、「管理者の負担が増大」しているとして閉鎖を決めたという。

公式サイトには被害の様子を写した写真が複数掲載されており、いずれもごみがいたるところに散乱し無残な状況が広がっている。

閉鎖が発表されると、ツイッターでは愛好家らから嘆きや憤りの声が多数表明されている。

「とうとう『関西キャンパーの聖地』の一角が閉鎖...」
「大野アルプスランド閉鎖のニュースに今の今まで魂が抜けてました(中略)星が綺麗で大好きな場所だったのにな」
「ゴミ持ち帰れないやつは有料キャンプ場使ってくれよな!」
猪名川町担当者「心を痛めている状態です」
猪名川町地域振興部の担当者は12月4日、J-CASTニュースの取材に、

「これまで公式サイトや看板、管理者による直接のお声がけでマナーを守っていただくよう呼びかけてきましたが、いくらやっても改善が見込めませんでした」
と、今回の決定にいたる背景を説明。口コミなどの効果で年々利用客が増え、それにともないマナー違反も目立つようになったという。

再開のめどは立っておらず、一度封鎖して今後のあり方を検討していく。

「猪名川町としてもキャンプ場は自然豊かでとても良いところだと思っています。ただ、ごみで荒らされたりするのは地元の管理者も含め心を痛めている状態です。利用する際はゴミの持ち帰りはもちろん、きちんと使っていただければと思います」(担当者)

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15690723/
no title

日本のインフラ、もうボロボロ 橋やトンネルなど、修繕しても数年で「再劣化」 不適切な修繕が原因
  ニュース

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/12/02(日) 20:54:22.46 ID:1Vq471/E0● BE:601381941-PLT(13121)
“再劣化”インフラ維持に新たな課題「早急な検証が必要」

橋やトンネルなどのインフラ維持に新たな課題です。

ひび割れなどが見つかり、一度は修繕された橋などを専門家が調査したところ、同じ箇所が再び劣化する
「再劣化」が、少なくとも100件以上起きていることが分かりました。中には、わずか数年のうちに再劣化した
ケースもあり、専門家は「点検や修繕の方法が不適切なケースがあり、早急な検証が必要だ」と指摘しています。

岐阜大学の国枝稔教授の研究グループは、岐阜県内を中心に、ひび割れなどが見つかって一度は修繕された
橋などについて、その後の状況を5年かけて調査しました。

その結果、修繕した箇所に再び、ひび割れなどが発生する「再劣化」が少なくとも128件起きていることがわかりました。

このうち、岐阜県内の14の橋などでは、想定よりかなり早く劣化が進んでいて、修繕からわずか2年で再劣化したケースもありました。

再劣化は、鉄筋などを腐食させる塩分が含まれた凍結防止剤を使用する地域に多い傾向があり、周辺の環境などを
考慮した適切な修繕が行われておらず、劣化が早まった可能性が高いということです。

こうした再劣化は、各地で発生している可能性があるものの、詳しい実態は分かっていません。

国枝教授は「実態の把握を進めたうえで、技術的な分析を行い、適切な修繕方法を検証する必要がある」と指摘しています。

■不適切な修繕が早い再劣化の原因に

不適切な修繕が、想定より早い再劣化の原因になっていたケースがあります。

岐阜県高山市にある長さおよそ60メートルの橋は、側面のコンクリートに数多くのひび割れが見つかったため、
平成22年に表面を5センチ程度はぎ取って、上からモルタルで覆いました。

しかし、わずか2年後の点検で、修繕した場所に再びひび割れが見つかりました。その後も劣化は進行していて、
取材した先月の時点でひび割れは一面に広がり、幅も広がっていました。

調査した岐阜大学の国枝稔教授によりますと、凍結防止剤の塩分を含んだ水が染み込んだことで、内部の鉄筋の
腐食が進んでいる可能性があるということです。

使用したモルタルでは、水の浸透を止めることができないため、より強度の高いモルタルを使うなど、現場の状況を
考慮して修繕を行う必要があると指摘しています。

■点検で問題見抜けないケースも

点検で問題点を見抜けなかったことが、再劣化につながったケースもあります。

富山市にある昭和47年に建設された長さ69メートルの橋は、道路と橋を接続する金属製の装置が壊れ、数センチの段差が生じました。

タイヤがパンクするおそれもあり、3年前から通行止めになっています。

この橋では、平成20年に市が委託したコンサルタント会社の点検で段差が見つかり、平成22年に装置を交換しました。

ところが、3年後の点検で、再び段差が見つかりました。市が改めて調べると、橋を下から支える装置が腐食して壊れているのが見つかり、
これが段差の原因だったことがわかりました。

以降はソースで

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181202/k10011731981000.html

フランス、ガソリン税増税で警察の武器庫が襲われ市民が重火器奪取、ようやく陸軍出動。
  ニュース

1: 名無しさん@涙目です。(禿) [ニダ] 2018/12/02(日) 21:34:18.41 ID:Vpxo6IJ50 BE:226456927-PLT(12522)
'This is the start of a revolution': Paris rioters steal police assault rifle, torch dozens of cars and vow to
'stay in the streets until Christmas' as fuel protests continue into the night and spread across France - and even to Holland
https://www.dailymail.co.uk/news/article-6449407/Fresh-violence-Paris-riot-police-use-tear-gas-batons.html

French army set to quell anarchy: Macron could put troops on the streets and declare a state of emergency after 412 rioters were arrested
and 133 hurt as protesters burned cars and attacked police over tax hikes

1543684699267

ホンダ 「VFR800F」「VFR800X」2019年モデル発売 特筆する変更ないのに4万弱値上がりして色まで減らされてる
  ニュース

「VFR800F」「VFR800X」のカラーバリエーションを変更するとともにETC2.0車載器を標準装備し発売

 Hondaは、扱いやすい出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・V型4気筒800ccエンジンを搭載した大型ツアラーモデル「VFR800F」と大型クロスオーバーモデル「VFR800X」のカラーバリエーションを変更するとともに、ETC2.0車載器※1を標準装備し、「VFR800F」の「ヴィクトリーレッド」と「VFR800X」を12月14日(金)に、「VFR800F」の「パールグレアホワイト(ストライプ)」を2019年3月8日(金)にHonda Dreamより発売します。

 今回、VFR800Fの気品漂う上質なスタイリングには、1980年代に米国のレースシーンで活躍した「VFR750F インターセプター」※2を想起させるカラーリングのパールグレアホワイト(ストライプ)を新たに採用。サイドカウルに「INTERCEPTOR」ロゴを配するとともに、フレームにシルバー、ホイールにはパールホワイトの塗装を施すことで、スポーティーなイメージをより高めました。

 VFR800Fのカラーバリエーションは、新色のパールグレアホワイト(ストライプ)と従来色のヴィクトリーレッドの全2色を設定。VFR800Xのカラーリングは、現行色のキャンディープロミネンスレッド1色の設定としています。

 また、従来から標準装備されているETC車載器を、今後もさまざまな情報提供などが予定されているETC2.0車載器にバージョンアップしています。
VFR800F_2019 パールグレアホワイト(ストライプ)
VFR800F パールグレアホワイト(ストライプ)
VFR800X_2019 キャンディープロミネンスレッド
VFR800X キャンディープロミネンスレッド
https://www.honda.co.jp/news/2018/2181130-vfr800.html
※詳細はリンク先で

記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村 バイクブログへ
人気ブログランキングへ