バイクと!

baiku and !

ポエム
記事検索
月別アーカイブ

(2)
このエントリーをはてなブックマークに追加

10/17 (木)
96: 名無しさん@おーぷん 19/10/17(木)06:10:42 ID:fFx
今日はぐっすり寝れたわ!
出発やでー

97: 名無しさん@おーぷん 19/10/17(木)06:15:17 ID:fFx
今日こんな感じー



続 き を 読 む

(11)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1: バーニングハンマー(光) [EU] 2019/11/29(金) 20:39:35.97 ID:GsI1K2DQ0● BE:121394521-2BP(3112)
米国ヤマハは大型のヘリテージスポーツバイク「VMAX」2020年モデルの予約を10月より開始しました。


 1985年に1200ccクラスの第一世代、2008年に1700ccクラスの第二世代が登場した「VMAX」は、個性的でマッチョなスタイルと豪快な加速で話題を集め、国内外で高い人気を博した大型バイクです。

 日本国内においては2018年モデルを最後に販売終了となりましたが、2019年9月に米国ヤマハから待望の復活が発表されました。

新型の「VMAX」は、2018年モデル同様に1679ccのV4エンジンを搭載したモデルで、ヤマハ電子制御インテーク(YCC-I)、ヤマハ電子制御スロットル(YCC-T)を採用することで幅広い回転域で鋭い加速を実現しています。

 また、軽量なアルミニウムシャーシを採用することで低重心/マスの集中化を実現した新型「VMAX」は、直線、コーナー問わず高い走行性能を発揮します。

その他、ヤマハ「VMAX」2020年モデルでは、スリッパークラッチ、ウェーブスタイルのブレーキディスク、ABS、調整機能付きの前後サスペンションなどが備えられています。

 ヤマハの広報部によると、日本での販売は未定となっていますが、米国での価格は17999ドル (日本円で約200万前後)となっています。

20191129-00010005-bikeno-000-4-view
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00010005-bikeno-bus_all

続 き を 読 む

(33)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/11/29(金) 18:41:27.63 ID:CAP_USER
エンタメvol. 10577

2019.11.29
松本ミゾレ

みなさん、趣味はお持ちだろうか。僕は一応、怪獣人形を集めることに、それなりに時間とお金を投じている。旅行が趣味という方もいる。車が趣味という方だっているはずだ。なんにせよ、趣味があるというのは悪いことじゃない。ストレス発散にもなるし、自分の好きな世界を掘り下げることは、人生を有意義に感じさせてくれる。

特に、社会人になれば、いろいろとつらいこと、面倒なことに直面する機会も多い。そういう時、現実から目を背けるという意味でも、趣味の存在は重要になるはず。でも、その趣味がそもそもない、という場合はちょっとつらいかも……。(文:松本ミゾレ)



「仕事のほうが楽しい」というスレ主

先日、5ちゃんねるに「お前ら『社会人で無趣味は死ぬぞ』去年俺『まさかあw』」というスレッドが立っていた。スレ主は現在、趣味らしい趣味を持てないままでいるようで、「趣味は書き込みです、でいいじゃん」というコメントに対しても「最近虚無感が」と返答している。

また、「仕事のほうが楽しい」とも書き込んでいる。仕事が楽しいというのは結構なことだと思うけど、無趣味には無趣味なりの苦悩もあるのだと気付かせてくれる。

でも、このスレ主なんてまだ良いほうで、世間には仕事にも身が入らず、趣味もないという社会人もきっといることだろう。そういう方々って本当に毎日が味気なく、刺激もなく、フラストレーションが蓄積しまくっているんじゃないだろうか。

実際スレッドを見ていくと、その手の方々のものと思しき意見がある。

「やりたい事はいっぱいあるがやる気がない。土日は平日で擦り切れたメンタルと体力回復させるので精一杯。家から出る気すら起きない」
「ぼっちだと何やってもどこ行っても人目ばかり気になって楽しくない」
「趣味とか友達、恋人いないのにイキれたのは学生までだわ。会社員になると変化と楽しみのない人生を数十年過ごすってのを実感するようになり絶望する」

こんな具合に、趣味を持たないだけが原因ではないだろうけど、とにかく現状これという趣味がないことでつまらない日常を送っている人が存在していることが分かる。もちろん、こういう人というのは、全体で言えば、レアケースだろうとは思うけど。



「とりあえず趣味作っておけ」というアドバイスは届かない
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://news.careerconnection.jp/?p=83169

続 き を 読 む

(1)
このエントリーをはてなブックマークに追加

10/14 (月)
929: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)05:58:15 ID:6IA
おはー

930: 名無しさん@おーぷん 19/10/14(月)05:58:55 ID:6IA
にしてもラグビー勝ったみたいやな
テレビで観たかったなぁ

続 き を 読 む

(13)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1: バーニングハンマー(光) [EU] 2019/11/29(金) 20:44:17.95 ID:GsI1K2DQ0● BE:121394521-2BP(3112)
史上空前といわれた昭和のバイクブームでは一体どのモデルが売れたのかを、弊社刊行物の「モーターサイクリスト」誌が当時独自に算出していた
販売台数を集計して、クラス別の昭和時代販売台数ベストテンを作成。

そして今回は遂に401cc~750ccまでの大型二輪車クラスである。
乗るには難関の“限定解除”をクリアしなければならず販売台数は少ないが、ステータス性やメーカーイメージを高める意味で重要なクラスということもあり、
各社しのぎを削っての開発競争が繰り広げられたのであった。

それでは早速ランキングを見てみよう。

※注:このランキングはあくまで1989年までの販売台数を当時のモーターサイクリスト誌を参照して独自集計したものです。
実際の販売台数とは異なる場合がありますのでご注意ください。

以下抜粋

第1位:ホンダ・CB750F/インテグラ 3万8789台
第2位:カワサキ・750RS(Z2)1万6453台
第3位:スズキ・GSX-R750 1万2774台
第4位:スズキ・GSX750S 1万1735台
第5位:ホンダ・VF750F 1万777台
第6位:ヤマハ・XS650スペシャル 9091台
第7位:ヤマハ・XJ750A/E/D 8482台
第8位:ヤマハ・SR500 7790台
第9位:ヤマハ・XV750スペシャル 6989台
第10位:ホンダ・CBX750F 6570台

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00010002-mcyclist-life&p=2

続 き を 読 む

(34)
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/06/25初稿
2019/11/29追記
バイクブロス

株式会社バイクブロスは、1999年12月に二輪ロードサービスなどを行うジャパンベストレスキューシステムの持分法適用会社として設立した。2010年4月に中古車情報誌『Goo』や中古オートバイ情報誌『GooBike』などを発行する「プロトコーポレーション」に譲渡され子会社となった。同社はかつて、社名と同じタイトルのオートバイ雑誌『バイクブロス』を刊行していたことがあり、オートバイ関連の情報を発信するウェブサイトである『BikeBros.』ならびに『BikeBros Magazines.』を運営していた。

しかし赤字が続いていたことから、不採算部門を整理し、プロト社のGooBike事業とBikeBros.とを連動させる目的で、株式会社バイクブロスをプロト社に吸収合併させることとなった。

2018年12月、2005年より運営していた通販サイトを2019年1月31日を以って閉店することを発表。ポイントサービスの提供も2018年12月14日にて終了。
2019年1月31日付で雑誌出版事業から撤退。発行していた全雑誌は2019年3月号をもってすべて休刊となった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/バイクブロス

関連記事 : バイクブロスのバイク雑誌「ガルル」「ロードライダー」「モトメンテナンス」「BMWバイクス」が休刊し、ネット通販サイトまで閉店してしまうことに


 あれから はや数ヶ月 ……
続 き を 読 む

(3)
このエントリーをはてなブックマークに追加

10/12 (土)
777: 名無しさん@おーぷん 19/10/12(土)06:13:40 ID:bD6
おはー
風呂はいんでー

780: 名無しさん@おーぷん 19/10/12(土)07:58:39 ID:bD6
そういや忘れてた
レジにも貼っとかなあかんでー



続 き を 読 む

↑このページのトップヘ