バイクと!

baiku and !

ポエム
記事検索
月別アーカイブ

(34)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 774RR 2019/01/19(土) 19:51:05.16 ID:Az/1DYJw
現行じゃなくてもいいよ

6: 774RR 2019/01/19(土) 19:56:17.61 ID:Az/1DYJw
会社で250以下のツーリンググループあって誘われてるんだ
だから是非教えてください

42: 774RR 2019/01/21(月) 09:29:03.73 ID:XdD0p/mx
>>6
CBR250RR
加速、コーナリング抜群
他から少し出遅れてもすぐに追いつける

CBR250RR
CBR250RR

続 き を 読 む

(18)
このエントリーをはてなブックマークに追加
f964a758-s

265: 774RR 2020/01/23(木) 15:31:35.87 ID:EByuLVQ2
陣馬形山キャンプ場 4月から予約制へ
http://www.nagano-np.co.jp/articles/57864
2020年1月21日 6時00分

中川村は、村が運営する陣馬形山(1445メートル)山頂付近の「陣馬形山キャンプ場」の利用について4月から予約制を導入する。利用者数の上限を制限することで、繁忙期の混雑に対応する目的。利用料はこれまで通り無料だが、2021年4月以降は有料化することを検討している。

利用者数はインターネット交流サイト(SNS)や口コミにより年々増加。眺望が気軽に味わえる一方、繁忙期の混雑が喫緊の課題になっている。トイレの処理能力を超える汚水の流入など不具合も生じている現状。昨年の利用者アンケートでも予約制、有料化を望む声が多いという。

予約制限については1日当たり20組程度とする。予約受付は3月2日から、4月1~30日の1カ月分を開始。以降毎月1日(休日の場合は翌営業日)に翌月1カ月分を行う。村ホームページから受け付けできるよう準備を進めている。有料化に向けては3~9月に管理体制や料金について検討、条例の整備をする。

2019年の年間利用者数の推計は約5200人。

今年の4月から予約制で、来年の4月からは有料とのこと。
この数年の混雑を見ると妥当な対応かな。

続 き を 読 む

(9)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/18(土) 23:39:27.021 ID:39adnUZJ0
アウトドア道具を紹介よ。
先にキャンプスタイルを紹介
登山キャンプをすることが多いです。
シーズンは、春夏秋冬です。
しかし、雪があるところは行きません。

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/18(土) 23:41:36.252 ID:39adnUZJ0
no title

食器セット
スノーピークの安い奴。
15年ぐらい使ってる。

続 き を 読 む

(19)
このエントリーをはてなブックマークに追加
名無し 19/12/05(木)13:29:36 IP:36.52.*(yournet.ne.jp)No.1247768
riding-scooter

スクーターやバイクでステップから足を外して
乗ってる奴らはいったいどういう気持ちで
あれをやっているのだろうか?

後ろから見てるとイライラするし
足引っ掛けて骨折してくれないかなと思う。

続 き を 読 む

(22)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ぬこ(愛知県) [GB] 2020/01/22(水) 20:36:53.34 ID:EbXda5sv0● BE:842343564-2BP(2000)
「移動オービス」30km/h制限の道でも取り締まり
長崎県警が運用開始、どこでも設置OK

https://toyokeizai.net/articles/-/326022?display=b

no title

住宅街や通学路などでの交通事故を防止するため、長崎県警は今月から、持ち運び可能な速度違反自動取締装置(可搬式オービス)の運用を始めた。
従来のオービスは大型で固定式のため、県内では高速道路だけに設置されているが、可搬式は小型で幅の狭い道でも使用できる。
県警は今後、各地の取り締まりで活用する。

可搬式オービスは、速度違反をレーザーで感知すると、車のナンバーや運転手の顔を自動で撮影。県警は後日、切符を交付する。重さ約15キロで、少人数で運んでどこにでも設置でき、車を止める場所も必要ない。

県警は15日、長崎市城栄町で子どもたちの下校時間に合わせ、車の速度を時速30キロ以内に制限する「ゾーン30」の市道に設置して取り締まりを実施。運転手は減速して、慎重に運転していた。

県警交通指導課の林田晋・次席調査官は「速度超過による事故を抑制し、歩行者の安全を守っていきたい」と話していた。

続 き を 読 む

(30)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤマハスポーツバイク専門店「YSP」リニューアルについて

2020年1月20日

36982_0001

 ヤマハ発動機販売株式会社では、ますます多様化するお客様の期待に応えるべく、2020年2月よりヤマハスポーツバイク※1専門店「YSP」※2のリニューアルを進めてまいります。

 2020年以降はヤマハスポーツバイク専門店としてより一層認知していただくことを目的に、名称を「YSP(YAMAHA SPORTS PLAZA)」から「YSP(YAMAHA MOTORCYCLE SPORTS PLAZA)」に改め、新たなブランドロゴを掲げ展開します。「YSP」はこれまでヤマハスポーツバイク販売店のトップチャネルとして、約40年にわたり高い技術力と充実した整備施設でお客様のバイクライフをサポートしてまいりました。

 新たなYSPは、ヤマハブランドのエバンジェリスト(伝道者)として、お客様の「見たい・試したい・優れた技術で修理して欲しい」という期待に高いレベルで応えることを基本に、常に最高のヤマハブランド体験と高品位なトータルサービスを提供し、進化してまいります。 ショールームでは、ヤマハスポーツバイクの全モデルカテゴリーを豊富に展示し、スタッフが各モデルの魅力について分かりやすく説明することで、購入モデル選択のお手伝いをさせていただきます。

 また、充実した設備を持つ整備工場では、ヤマハスポーツバイクを熟知したメカニックが高い技術力でお客様の愛車を整備します。さらにYSPならではのサポートメニューをご用意し、購入検討時から購入後の楽しみに至るまで、お客様のバイクライフをトータルでバックアップします。

 2020年2月中旬にリニューアルオープンするYSP仙台を皮切りに、全国に新たなYSPを展開してまいります。今後のYSPオープン予定についてはYSPウェブサイト( https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/ysp )をご参照ください。またYSPの店舗リニューアルに加え、全国のスポーツバイク需要エリアへの新規出店に向けた活動も推進してまいります。

 新たなYSPを全国に展開することにより、お客様一人ひとりがヤマハスポーツバイクに対して抱く想いへの共感を大切に、ヤマハファンの満足度をさらに高めることを目指します。ぜひ新たなYSPでヤマハブランドの世界観をご体感ください。
https://news.yamaha-motor.co.jp/2020/019191.html

続 き を 読 む

↑このページのトップヘ