バイクと!

baiku and !

ポエム
記事検索
月別アーカイブ

(9)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1: タイガースープレックス(光) [US] 2019/11/19(火) 19:54:08.28 ID:A2IZtl2K0● BE:121394521-2BP(3112)
正直に言おう。このNinja ZX-25Rの登場は衝撃的、いや、革命的ですらある。

なぜなら、こうして実際に華々しいデビューを飾るまで、世の大半の人々が、その存在について半信半疑だったからである。

カワサキが250ccの4気筒スポーツを企画しているらしい、という話は数年前から出ていた。折しも、このカテゴリーはグローバルモデル全盛。

コストに制約がかかるご時世の中で、いかにしてユニークで楽しいスポーツバイクを造るか、という時流の中、メインストリームを形成していたのはシングルか2気筒エンジンのモデルだったからだ。

そんな中、カワサキは「250クラスでも4気筒スポーツの需要はある」と信じ、入念なマーケットリサーチを続ける一方で、
通常のモデルよりも時間をかけ、丹念に造り込み、着実にその牙を研いできたのである。

こうして完成したのがこのNinja ZX-25R。

カワサキ自慢のスーパースポーツ・ニンジャZXシリーズの名にふさわしい、卓越した高性能と抜群の完成度を誇るバイクなのだ。

東京モーターショー2019に展示された車両は、開発中というより量産仕様の完成度。来年秋ごろに日本導入、というアナウンスが正式にあったが、
おそらく、生産国のインドネシアでは来年早々に発売されるのではないだろうか。

初公開となった東京モーターショー2019ではエンジンスペックは発表されていないが、現在最強のホンダCBR250RRはもちろん、90年代の4気筒エンジンを超えることを命題にしたはず。

となれば、最高出力は45馬力以上/1万5000回転あたりで、レブリミットは1万8000回転に迫る、というのが僕の予想というか、期待するスペックだ。

気になる車両価格だが、フレームとスイングアームはスチール製で、特に高価な素材や複雑な構造は採用していない。

電子制御系はフル装備されているが、既存のユニットを流用すればさほどコスト増にはならないはず。このあたりは開発陣が相当苦労しただろう。

CBR250RRの最も高価な仕様が85万円台だから、普通に考えれば90~100万円台というところだろうが、そこは「男カワサキ」の戦略的な価格設定にも大いに期待したい。

ともあれ、新時代の4気筒250ccエンジンはどんな味なのか?

高回転でキャンキャンに回す楽しさを早く味わいたいと感じてしまう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191119-00010003-autoby-moto

続 き を 読 む

(6)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 鉄チーズ烏 ★ 2019/11/19(火) 23:07:44.38 ID:xaBwGG/k9
 モリワキエンジニアリングは11月19日、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスと鈴鹿8時間耐久ロードレースの参戦を2019年をもって休止すると発表した。

 2016年、8年ぶりに全日本の最高峰JSB1000クラスに復帰して話題となったモリワキ。マシンはホンダCBR1000RRモリワキ改、ライダーは高橋裕紀を起用して戦った。翌年の2017年には高橋裕紀に加え、鈴鹿8耐で4度優勝し、スーパーバイク世界選手権に参戦した経験も持つ清成龍一が加入し、2台体制で参戦。同時に、モリワキとして9年ぶりに鈴鹿8耐へ参戦することも発表された。

 モリワキは、JSB1000では4年間でポールポジション1回、表彰台3回、優勝1回を獲得。鈴鹿8耐では復帰初年度の2017年は27位、2018年は8位、2019年は決勝9位で終えている。

 そんなモリワキが、全日本JSB1000と鈴鹿8耐の参戦休止をSNSで発表。参戦休止については「苦渋の選択となりましたが、将来のレース活動への取り組みを中長期的に再編するという意味合いを持つポジティブな選択だと考えております」としている。

 発表されたモリワキレーシングの鈴鹿8耐及び全日本JSB1000クラス参戦休止に関する全文は以下のとおり。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

モリワキレーシングはこの度、2019年をもって鈴鹿8時間ロードレース及び全日本JSB1000クラスへの参戦休止を決定いたしました。

今回の決断は苦渋の選択となりましたが、将来のレース活動への取り組みを中長期的に再編するという意味合いを持つポジティブな選択だと考えております。

これまで、ベース車に独自の改良を施した車両でJSB1000クラス参戦してまいりましたが、長きにわたりコンストラクターとしてこだわってきたモリワキスタイルの“ものづくり”の観点から、現状のプレミアムクラスヘの参戦継続を休止すべきと判断いたしました。

これからの時代、二輸アフターパーツ業界においても環境性能を含めた高性能パーツの開発・製作が求められます。この分野において、イニシアティブを発揮しリーディングカンパニーとなれるよう研究開発を行うと同時に、将来、私たちにとって魅力的な鈴鹿8耐や新しいレースカテゴリーが生まれた時に復帰出来るよう、経営基盤の強化を行います。

レース参戦には多くの困難もありましたが、ファンの皆様や協力していただいた関係の皆様のご支援に支えられながら全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに参戦し、4年間でポールポジション1回、表彰台3回、優勝1回を獲得することが出来ました。

また鈴鹿8時間耐久ロードレースにおいては、2017年予選7位/決勝27位、2018年予選9位/決勝8位、2019年予選10位/決勝9位という成績を修めることか出来ました。

6年間モリワキレーシングに所属し、2014年/2015年と2年連続で全日本J-GP2チャンピオンをモリワキオリジナルフレームのMD600で獲得するなど、輝かしい成績を残してくれた高橋裕紀選手にも改めて謝意を表したいと思います。

モリワキは今後、すそ野を広げるレース活動及びサービスに重点を置き、お客様に楽しんでもらえる活動や企画を強化します。

また、魅力的な商品を販売できるよう様々なカテゴリーで研究開発を目的としたサーキット走行やレース参戦、時にはサーキット以外でのサポートや企画を積極的に取り組みモータースポーツの一層の発展に貢献すべく、邁進します。

これまで、温かいご声援をいただいたファンの皆様、レース活動をご支援いただいた関係者の皆様に対し、心より御礼申し上げます。

舞台は変わりますが引き続きモリワキスピリッツを胸に、挑戦してまいります。

11/19(火) 21:03配信 オートスポーツweb
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00544536-rcg-moto

no title

続 き を 読 む

(4)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ばーど ★ 2019/11/20(水) 16:03:14.28 ID:GwAJTtKE9
東邦出版(株)(TSR企業コード:294019561、新宿区)は、民事再生法の適用を申請する方針を固めた。東京商工リサーチの取材に、東邦出版の関係者が明らかにした。また、11月19日付で出版取次の1社が、「(東邦出版の)民事再生手続き開始の申立て予定および返品区分変更」に関する通知を関係先に送付した。

競馬やスポーツ、ゲーム関係の出版を多く手掛けていた。「馬券大学」や「スピード馬券王」などの競馬関連やバイク雑誌「バリバリマシンLegend」、プロレス雑誌「KAMINOGE」などの定期刊行物を展開し、2015年3月期は売上高8億7108万円をあげていた。

だが、出版不況のあおりを受けて購読者の減少で売上不振が続き、2019年3月期の売上高は7億3410万円に減少。この間、赤字経営から多額の債務超過に転落し、出版物の移管作業に着手していたが、再建が難しいことから民事再生を選択した。

11月1日、同社関連の(有)シーロック出版社(TSR企業コード:295961759)と(株)デジタルビュー(TSR企業コード:297032992)は事業を停止し、破産申請を弁護士に一任している。

11/20(水) 11:56
東京商工リサーチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00010000-biz_shoko-bus_all


続 き を 読 む

(22)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し 2019/11/20(水) 20:18:26.79 ID:BYs9hK/60HAPPY
トネ・コーケンによるライトノベル「スーパーカブ」のアニメ化企画が進行中であることが明らかに。併せてメインスタッフと主人公・小熊の設定画が公開された。

「スーパーカブ」は両親を亡くし、友達も趣味も持たない女子高生・小熊が、ある日中古のスーパーカブを手に入れたことから始まる青春ストーリー。
12月1日に角川スニーカー文庫より最新6巻が発売されるほか、Webサイト・コミックNewtypeで連載中のコミカライズ版が3巻まで刊行されている。
アニメは監督を藤井俊郎、シリーズ構成・脚本を根元歳三、キャラクターデザインを今西亨が務め、アニメーション制作はスタジオKAIが担当。さらなる詳細は続報を待とう。
https://natalie.mu/comic/news/356287













続 き を 読 む

(15)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1: トペ コンヒーロ(大分県) [US] 2019/11/20(水) 08:55:17.15 ID:KPw6AwVA0● BE:201615239-2BP(2000)
 昨今のキャンプブームの火付け役、牽引(けんいん)しているといっても過言ではない、あfろ氏の漫画『ゆるキャン△』が、
来年1月期のテレビ東京「木ドラ25」枠(1月9日スタート、毎週木曜 深1:00~1:30)で実写化されることが明らかになった。
主演を務めるのは、福原遥。同局のドラマ初主演となる。

 キャンプを通じて、緩やかに変わりゆく女子高校生たちを描いた原作漫画を、可能な限り忠実に実写化。
 2018年のテレビアニメ化との一番の違いは、原作で描かれた絶景を実際の景色として映し出し、ドラマを見るとキャンプに行きたくなる、行かなくても行った気分にさせるところ。
 ロケ場所にもこだわり、キャンプを満喫する女子高校生たちの日常をゆるやかに、丁寧に描いていく。

 静かにキャンプを楽しみたいソロキャンパーの主人公・志摩リン役に福原。リンと出会ったことでキャンプにひかれていく女子高校生・各務原(かがみはら)なでしこ役に大原優乃。
 高校の同好会「野外活動サークル」(通称:野クル)の部長・大垣千明役に田辺桃子。野クルの一員・犬山あおい役に箭内夢菜。リンの友人・斉藤恵那(えな)役に志田彩良が決定している。

2149110_201911200037594001574197223c
2149110_201911200038238001574197223c
2149110_201911200038562001574197223c
2149110_201911200038861001574197223c
2149110_201911200039151001574197223c
https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/17406258/

続 き を 読 む

(16)
このエントリーをはてなブックマークに追加
【バイク熱狂時代は永遠に:4】1980年代に若者が集った「上野バイク街」の現在
th_85-07-17-660x400
https://mc-web.jp/archive/history/11887/


1: 774RR 2015/05/31(日) 18:45:45.80 ID:M4NzMCKJ
今は衰退してしまった上野のバイク街の思い出を語ろう!
80年代に流星を極めたバイクの聖地・・・

2: 774RR 2015/05/31(日) 18:46:34.62 ID:M4NzMCKJ
流星じゃなくて、隆盛を・・だに・・_| ̄|○

続 き を 読 む

(40)
このエントリーをはてなブックマークに追加
1975年(昭和50年)より、運転免許試験場での技能試験または自動二輪免許(中型限定免許)からの限定解除審査の合格者のみに交付された(いわゆる「一発試験」)。しかし、その合格者数は概ね全受験者の1%であったため「司法試験より難しい」と揶揄されるほど極めて難関で、400cc限定の無い二輪免許そのものが高嶺の花となった状況が続いた。

こうした状況を変えたのは、日本のオートバイ製造企業やバイクユーザーではなく、ハーレーダビッドソンやBMWモトラッドの国外自動車メーカーからの『外圧』であった。「大型輸入バイクが売れないのは日本の運転免許制度が原因で、非関税障壁となっている」と、年次改革要望書などを通じて、強く規制緩和を求められる様になった。

これに対して「ベストライダースクール」等と称した、事前審査の免除および実技試験合格率向上のための指導講習が、運転免許試験場で行われるようになり、講習受講者の合格率が5%程度に緩和された。また1996年(平成8年)9月の免許制度改正から「指定自動車教習所」で大型二輪免許の教習を受けられるようになった[4]。これによって容易に免許を取得できるようになり、大型二輪免許の保有者数は飛躍的に増加した。
Wikipedia - 大型自動二輪車

続 き を 読 む

↑このページのトップヘ