バイクと!

baiku and !
記事検索
月別アーカイブ

【北海道ツーリング】東北道自走
  北海道ツーリング

svg

282 :774RR2016/06/21(火) 05:49:51.59 ID:MzJ6hmCK.net
行きも帰りもフェリー取れんかった。
初の神奈川~青森まで自走なんだけどどんだけしんどいの?

ちなみに高速あんまり飛ばさない派。



ツーリングに行きたくなる写真集 -第11集-
  ツーリング総合

694 :名無しさん@おーぷん2015/03/23(月)20:31:57 Oed
西伊豆スカイライン行ってきました!






VTR250のファイナルエディションが発売される? VTRがこの先生きのこるには
  ニュース

pic-color02
VTR

952 :774RR2016/09/15(木) 09:11:57.49 ID:bSxpqHto.net
VTR無くなるぞ
2017年にモーターサイクルショーで展示されてたCafeVTRの
シートの色違い&ノーマルハンドル版が特別車で出てそれが最後

ABS載せるスペースがないからABSが載るように一新するんじゃないかってドリームの店員が言ってた

001l
VTR Customized Concept



カワサキ Ninja 250、600台限定の特別仕様…リアタイヤをワイド化
  ニュース

img_10-01

1 : レッドインク(catv?【緊急地震:関東東方沖M6.2最大震度3】)@\(^o^)/2016/09/23(金) 09:19:22.94 ID:kabOAkrl0.net BE:357092553-PLT(12000)
カワサキモータースジャパンは、600台限定のフルカウルスポーツ『Ninja 250 ABS KRT(カワサキレーシングチーム)ウインターテストエディション』を11月1日より発売する。

限定モデルは、ラジアルタイヤを装備しリヤのタイヤ幅は150mmにワイド化。迫力のリヤビューとグリップ性能を獲得しパフォーマンスの向上に貢献している。
デザインは、KRTが冬季テスト走行に使用したモデルと同イメージのカラーリングを採用。スモークハイスクリーンを装備し精悍なルックスと優れた防風性能を発揮する。
加えてリヤタイヤのホッピングやスリップの抑制が可能なレース由来のテクノロジー「アシスト&スリッパークラッチ」を搭載。KRTの名に相応しい走行性能と外観を併せ持つ特別な1台となっている。
http://response.jp/article/2016/09/21/282196.html


ホンダ新型モンキーきたーーー
  ニュース

1 : ネックハンギングツリー(千葉県)@\(^o^)/2016/09/21(水) 19:06:16.93 ID:YTNyOh+00.net BE:232392284-PLT(12000)
1967年から販売されているホンダのアイコニックなモーターサイクルの一台である"Honda Monkey"の新しいモデルの姿が、発見されたパテントイメージから明らかとなった。

アップサイドダウンのフロントフォーク、マルチスポークアルミホイール、ディスクブレーキなどのモダンな装備が与えられた完全新作のシャシーながら、
クラシカルな小さなタンクや厚いシート、小径のタイヤなど、その姿はまごうこと無き"モンキー"であるこの新型モデルには、"Honda MSX125/Grom"由来の排気量124cc 空冷4ストロークOHC単気筒エンジンが搭載されることになるようだ。


この新しいモンキーは、10月のINTERMOTないしは11月のEICMAで披露されると報じられている。
http://blog.livedoor.jp/motersound/51970845

c6c0b4ac



トヨタの謎技術を車体軽いバイクでやったら効果でかいんじゃねえの?
  その他-議論・雑談

名無し 16/09/16(金)03:31:08 IP:106.160.*(dion.ne.jp) No.1118528
1473964268075

トヨタの謎技術が話題になってるが
車体軽いからバイクでもやってみたら効果でかいんじゃねえの

フルカウル車なんか特に空気の流れ重要そうだし

まだ知らない人はこちら
http://s.response.jp/article/2016/09/14/281774.html
アルミテープで走りの味が変わる!? トヨタが新技術を公表「みんなで試して」

トヨタは2ドアスポーツクーペ『86』の大幅マイナーチェンジに合わせ、改良新型に採用された新技術の概要を公表した。「アルミテープによる空力コントロール」を実現するというもので、低コストながら操縦安定性の向上に大きく貢献するという。

車体が帯びた電気を、最適に配置したアルミテープによって効果的に放出、これにより走行中の車体の空力バランスを部位ごとに変化させ、直進安定性、回頭性などの向上に寄与しているそうだ。



二輪の免許制度緩和で125ccバイクも普通免許で可能に?
  ニュース

1 : 断崖式ニードロップ(東日本)@\(^o^)/2016/09/22(木) 18:03:49.20 ID:15pUfk1n0.net BE:837857943-PLT(16930)
現在『原付二種』と呼ばれる125ccバイクに乗ろうとすれば、普通免許と別の『小型自動二輪免許』が必要。結果として二輪車の販売は伸びない。
そんなことから経産省は規制緩和を検討しているという。

具体的に書くと、例えば「原付」の概念を延長し、普通免許を持っていれば125ccバイクまで乗れるようにすることを考えているようだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-00010001-autoconen-bus_all


ホンダが2017年に発売予定の大型二輪車の特設サイトをオープン ティザー動画を公開
  ニュース

1474360224031

Honda MOTO 2017



215 :774RR 2016/09/20(火) 21:26:23.97 ID:TuzbPtP40.net
http://www.honda.co.jp/news/2016/2160920.html
2017年大型二輪車モデルのグローバルコミュニケーションサイトをオープン
Hondaは、今秋に発表予定の2017年に発売される大型二輪車モデルの
新しいグローバルコミュニケーションサイト「Honda Moto 2017」を開設します。

新たなコミュニケーションサイトHonda Moto 2017では、2017年モデルの中から
6モデルに着目し、個々のバイクのキャラクターを象徴する主人公を通じて、
そのモデルの持つ世界観をユニークな短編ドラマ仕立てで紹介。
二輪車のあるライフスタイルを提案することで、お客様に製品のより具体的な
イメージを持っていただくとともに、Honda二輪ブランドの向上を図っていきます。

Honda Moto 2017は、2017年モデルの正式発表前ティザーサイトとして
9月20日に一部を公開。その後、ドイツで10月4日に開幕するインターモト(ケルンショー)の
プレスデーより、EICMA2016(ミラノショー)、IMS Long Beach(ロングビーチショー)での
新製品発表と合わせて、順次その全容を公開していく予定です。

http://hondamotoglobal.com/



記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村 バイクブログへ
人気ブログランキングへ